有料老人ホーム
だんらん

住宅型
有料老人ホーム

施設概要

住宅型有料老人ホーム

施設名
住宅型有料老人ホーム
区分
住宅型有料老人ホーム
利用定員
個室9室 (長期入居:7名 短期入居4名)
特記
  • 短期の利用可能
  • 1泊利用可能
  • デイサービスの利用可能

だんらんの有料老人ホームは
住宅型有料老人ホームと呼ばれる区分です。

短期入所、1泊利用、デイサービスなど
ご利用者様のご希望にそった使い方ができます。

有料老人ホームとは

有料老人ホームは様々な形態の施設が存在します。その為、とても注意が必要です。

公的有料老人ホーム

一般有料老人ホーム

皆さんがよく耳にする特別養護老人ホームもだんらんで行っている有料老人ホームと同じ部類になります。

介護付き有料老人ホームは、その名の通り、介護保険を使用して、介護が付きます。
その為、終身までの利用ができる施設もあります。

それに対して、住宅型有料老人ホームは、介護が付きません。
その為、介護が必要になった場合は、外のデイサービスを使用したり、訪問介護、訪問看護、訪問入浴などの介護サービスを使用しながら住宅型有料老人ホームでの生活を継続できます。その為、施設に入居しているというより、バリアフリーなど環境が整った自宅やアパートで生活しているという所です。

住宅型有料老人ホームは、要介護状態になったら外の介護サービスを使わなければならなくなり、利用料金が高騰したり、退居しなければならなくなると言った問題があります。

以前、某有料老人ホームの開所見学会に参加した際に「マンションを買う感覚だねぇ」と見学されていた方が言っていましたが、全く違います。

通常マンションを購入したら、売らない限り代々でずっと生活出来ます。
しかし、有料老人ホームは退居する際に売ることは出来ません。また利用していた方が、亡くなられた時など、その家族が変わりにその場所で住むということは絶対に出来ません。

また、住宅型有料老人ホームは他の事業と併設している場合が多いです。

主な併設事業所

抱え込みはいけないと言われていますが、どの事業所も効率を考えた経営をしています。