施設概要

グループホームだんらん

施設名
グループホームだんらん
区分
認知症高齢者共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護
利用定員
9名(1ユニット)
利用条件
認知症の診断を受けていて、要支援または要介護認定を受けている方
特記
  • 介護予防届出済
  • 短期入所受入可能
  • 看取り可能
  • 生活保護の方の受入可能(実績あり)

介護予防施設としても届出を出していますので
要支援2の方でもご利用いただけます。
短期入所の受け入れに必要な研修修了者もいますので
短期入所の受入が可能です。
終身までの利用が出来る施設です。

グループホームとは

グループホームとは、認知症高齢者が共同生活を共にし、出来ることは自分で行い、出来ないことはご利用者様同士で協力をしたり、介護従業員が手助けをして生活を共に過ごす所です。
だんらんでは着替えが上手に出来ない方が、他のご利用者様の力を借りて着替えを行なったり、調理の手伝いが出来るご利用者様には調理に参加していただいております。
また、屋外の散歩の際には、車いすのご利用者様を他のご利用者様が押してあげるというほほえましい光景も見られます。

グループホームの実情

グループホームが開所された当初の目的は「ある程度自立された認知症の方が、共同生活を送る施設」でしたが、現在は「終の棲家」として利用できる施設、また、少人数の為、若年性認知症の方や障害者の方の受入先としても注目されています。
その為、若年性認知症の方を受けれた場合に加算をいただけたり、受入を可能にする為に、従業員の育成に力を入れるように指導されています。
また、看取りに関しても新しく加算が設けられるなど、グループホームの役割は変わりつつあります。
その為に、グループホームは2極化が進んでいます。

1. 開所当初の目的通りに運営されているグループホーム

良い点
・ご利用者様が皆さん比較的元気で、集団活動が行え、調理なども皆で行いながら楽しく過ごすことができる。

・外出もご利用者様全員で行うこともできるので、集団活動が行いやすい

悪い点
・要介護度が高くなったら退居しなければならない

・退居しなければならなくなった時に次の受入先がなかなか見つからないこともある

2. 現在の運営内容に比較的近い形(進化型)

良い点
・要介護が高くなってもそのまま利用できる

・看取り介護を行うので、終身までの利用が出来る(だんらんの場合は、医療行為を希望されない場合)

悪い点

・ご利用者様の介護度のバランスが悪く、全員で何かをするということが難しい

・重度のご利用者様全員で外出をすることが難しい

極端な比較ですが、このようにグループホームでは2極化しています。

だんらんのグループホームは開業時から終身まで利用できる施設として運営しております。

グループホームで「介護予防」の届出をしている施設としていない施設がありますが「介護予防」の届出を出している施設は「要支援2」の方もご利用できます。

だんらんのグループホームは要支援2の方も利用可能です。

グループホームだんらんの今後の目標・目指すこと

グループホームは、少人数の介護施設の為、高齢者だけでなく、若年性認知症の方や障害者の方の受け入れ先としても注目されています。
今後、どのように進化を遂げるかわかりませんが、少人数のご利用者様に対して、大規模な介護施設では行えない、手厚い、安心して過ごせる介護施設として運営していきたいと思います。